Skip to content

排熱利用で注目を受けているシステムについて

エネルギー源の1つに熱があります。

熱は、作った所で使用しなけらばならないことから現場に応じた対応をする必要があり、同じエネルギー源の1つとなる電気などとは異なった特徴を持っています。熱エネルギーとしては、一般的に知られているものとしては、太陽熱や地中熱がありますが、現在脚光を浴びているものして排熱があります。

排熱利用をすることで効率的にエネルギーに変換をすることができ、無駄を省くことが可能となります。最近、企業で導入されている設備にコージェネレーションと呼ばれるものがあります。

コージェネレーションは、工場などで発電機に併設されており、ここでは、発電機からの排熱利用をすることで電気を起こし、建物の空調などに利用されています。

これまでは工場で使う電気と熱はそれぞれ別の燃料から作られており、この場合、発電に使用する燃料が持つエネルギーを100%とした場合、実際に取り出すことが可能なのは40%とされていました。つまり、残りの60%は使用されることなく排熱となっていたことになります。

コージェネレーションでは、こここでの排熱利用をすることでエネルギーに変換するシステムとなっており、そのために、燃料自体を大幅に削減することが可能となっています。

コージェネレーションの大きなメリットとしては、自然エネルギーと異なり天候に左右されない点があります。

そのために、例えば太陽光発電と併用をした場合においても、太陽光の弱点を補うことが可能となり、より効率的に熱を利用することができるようになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です