Skip to content

アルカリ洗浄液の特性について

アルカリ洗浄液の最も大きな特徴は、油脂の成分である脂肪酸と反応し、石鹸と変化させることです。

したがって、油汚れの原因である脂肪酸はアルカリを使用することによってもはや汚れではなくなり、周りの汚れを落とすための石鹸としての効果を持つようになるため、油汚れを強力に落とし、かつ、その他の汚れも効果的に落とすことができます。

また、アルカリ洗浄液はたんぱく質の汚れにも強いのも特徴です。垢や飲食物の食べかす、血液などのたんぱく質を含む汚れは落ちにくく手間取ることが多いものですが、アルカリ洗浄液はたんぱく質を構成するアミノ酸の結合を分断させる効果があるため、しつこいたんぱく質の汚れも簡単に落とすことができます。

アルカリ洗浄液を使用するうえで注意していただきたいのは、アルミ製のものには使うことができないことです。アルミ製のものに使用すると、アルミニウムとアルカリが反応し、水酸化アルミニウムという物質が生成されていしまいます。

この反応はアルミニウムが腐食したのと同義であり、腐食が進んでいくと穴が開いたり変色してしまいます。アルミ製の製品というのはアルミ鍋など、身の回りに数多くあるものですので、気を付けてください。

なお、一口にアルカリ洗浄液といっても、アルカリ性の強弱によって汚れを落とす効果も異なります。現在使用しているものの汚れの落ちが良くないと感じているのであれば、アルカリ性の強さの異なる製品を試してみるのをおすすめします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です