Skip to content

マルチサイクロンについて

マルチサイクロンは、現在利用されている集塵装置のひとつです。

集塵装置は、大気汚染や有価物の回収を目的として、大気中の煤や砂塵などの粒子を気体から分離する装置を指します。

集塵装置はいくつかに分類されており、代表として重力式集塵装置、遠心力式集塵装置、そして電気集塵機があります。マルチサイクロンは遠心力式集塵装置に分類されており、上部が円筒形、下部が円錐形になっており、吸いこまれた気流が内壁にそってらせん状に降下し下端にある箱に集まります。

遠心力式集塵装置は他の装置と比べてより細かい粒子に対応できる一方で、入口の流速が遅いと粒子が入口に堆積してしまい、また速すぎると圧力が高まり粒子を集める箱から粒子が飛散してしまうという欠点もあります。より大気中の砂塵などを吸収する効率を上げるにはいくつもの装置が必要でした。

一方で大型化をすると集塵効率が低下したり施設によっては設置できない場合もあったため、そのような問題を解決するために考案されたのが小型の装置を複数並列したマルチサイクロンでした。

遠心力式集塵装置は他の装置と比べて安価であることが特徴で、そのため複数並列するマルチサイクロンでも導入するにあたって価格を抑えることができ、なおかつ集塵効率を向上させることができます。

そのため多くの用途に用いられており、一般的な塵を含む空気から、多湿排ガスダスト、高温ガスダスト、そして発火・爆発性粉塵の回収など幅広く使用されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *