Skip to content

マルチサイクロンとは

大規模な処理ガス量に対処するため、複数の小型サイクロンを軸流型に束ねて、集塵効率を高めた形式がマルチサイクロンと呼ばれるものです。

小型サイクロンをユニット化することで、設置面積が省スペース化され、どんな風量にも対応することが可能になります。

マルチサイクロンでは、ファンネルの取付構造を工夫することで、装置内のダスト付着や堆積を殆ど無くすことが出来ます。また、ダクトワークが簡素化されるので、大幅なコストダウンを図ることも可能になると言えます。

粉体分離器は、通常、サイクロンと呼ばれており、気体又は液体中に混ざった粉末状の固体を分離する装置です。

1886年にアメリカに於いて発明され、製材所や石油精製所など、幅広い施設で用いられています。原理としては、遠心分離器の応用で、固体の混ざった液体或いは気体を、漏斗状等のサイクロンの内側を循環させ、その間に固体が下に落下し分離されます。

この仕組は、有名な掃除機メーカーにも採用されていますが、一般的に多く使われているのが、脱脂粉乳等の粉末を大量に扱う工場です。

それ以外には、工場から排出される煤煙の中の、粒子状物質を除去することにも使われています。液体サイクロンは、元々はオランダの炭鉱で、濃縮器として実用化されましたが、現在ではインク工場など化学分野でも利用されています。

また、水質改善装置としても、幅広い分野で導入されており、プレフィルターとして、マルチサイクロンが採用されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *