Skip to content

頑固な汚れにアルカリ洗浄液

生活していると、あらゆる場面で汚れが付着します。

その内容は多岐にわたり、様々な業種が増えていくに従い、汚れの種類も比例して増大していきました。そして、いくら汚くなったからといって、全て捨てていたら、あまりにももったいないことです。だから、洗うことになるわけですが、いつも石鹸でごしごし擦ったり、洗濯機に家庭用洗剤を入れて済ます、というわけにもいきません。洗うものの材質や、汚れの性質によって、洗浄剤を使い分ける必要があるのです。アルカリ洗浄液というものを、目にした方も多いのではないでしょうか。

これは、普通の石鹸や洗剤とは違い、汚れの中にある油分と化学反応を起こして、石鹸とよく似たものに変わった後に、汚れそのものを落とす、という性質をもっています。このため、油汚れや皮脂汚れを、強力に落とします。それだけではなく、アルカリ洗浄液は垢や血液などの、タンパク質の汚れにも強いという特徴を持っています。

これは、タンパク質を形作っているアミノ酸の結合を切ったり、構造を変えるという働きをもっているためです。こうなると、タンパク質はもろくなり、汚れも簡単に落ちるようになるのです。このようにアルカリ洗浄液は、頑固な汚れを落とし、様々な用途で使われるものです。安価なのも嬉しいところです。しかし、注意しなければならないのは、金属を腐食させやすい性質も持っているということです。特にアルミはアルカリとよく反応しますので、使用は避けるべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *