Skip to content

マルチサイクロン方式について

マルチサイクロン方式は、掃除機の方式の1つです。

しかし、そのシステムを理解するためには、まずサイクロン方式について理解する必要があります。このサイクロン方式は、吸い込んだゴミを気流による遠心分離によって分解し、きれいな空気だけを排出するという方式です。この方式は、フィルターにゴミが付きにくく、目詰まりによる吸引力の低下が起こりにくいというメリットがあります。ちなみに、気流のパターンによって、ある程度の種類がありますが、基本的なシステムは同一です。

しかし、サイクロン方式のパワーを上げようとした場合、単純に機械を大型化すると集塵機能が低下するという問題点があります。そのため、機械を大型化するのではなく、集塵機能の良い小型の機会を複数設置することにより、パワーを上げつつ、集塵機能を維持するようにしたのが、マルチサイクロン方式なのです。要するに、基本的にマルチサイクロン方式は、サイクロン方式のパワーアップバージョンと考えてしまっても問題はないのです。

これらのことから、マルチサイクロン方式の特徴は、基本的にサイクロン方式に準じます。つまり、メリットとしては、前述のように吸引力の低下が起こりにくいという他、ゴミを簡単に捨てることができるということが挙げられ、デメリットとしては、頻繁に掃除をする必要があるだけでなく、ゴミを捨てる時に、ゴミがむき出しになるということなどが考えられます。ただし、マルチサイクロン放水期の場合は、これらに加えて、システムが複雑化した分だけ価格は高くなる傾向にあることにも注意が必要となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *