Skip to content

リサイクル方法の一つである熱回収について

科学技術が進歩することによって、便利なモノが増えていくとのと同時に、ゴミの量も増えてきています。

ゴミはただ処分するだけでは、資源の無駄使いになってしまい、リサイクルを推進する動きが強くなっています。日本では循環型社会形成推進基本法により廃棄物・リサイクル対策の優先順位の高い方から「ゴミの発生を抑制する」、「再使用」、「再生利用」、「熱回収」、「廃棄物として適正な処理」となっています。最後の項目はリサイクルができないため、有害物質が発生しないような処分をするということですので、リサイクル方法ではありません。

上位3項目については普段の生活において、よく目にしますが、熱回収はあまり実感がわかないリサイクル方法だと思います。熱回収とはゴミを焼却場で焼却処分したときに発生する熱を利用するリサイクル方法です。主に廃プラスチック類を主燃料あるいは助燃材として利用します。

以前は焼却処分することでダイオキシンなどの有害物質が発生しましたが、最近では有害物質が発生せずに焼却処分できるようになりました。プラスチックの原料は石油であるため、燃焼性が高く、熱回収にとても適しています。温水プールや熱暖房などに利用されていますが、将来的には発電のための燃料に使われるかもしれません。ただ、リサイクル方法としての最終手段である熱回収の開発を進める前に、ゴミを減らす方が優先されるので、利用価値を高める動きがあまり活発ではないのが現状です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *