Skip to content

人にも自然にも優しいデスケーラー

冷却装置など水道水を循環させる場合、問題となるのがスケールです。

水の中に含まれるカルシウム分が沈殿し、堆積することで固まったものです。循環路に付着することで流量を減らしたり、詰まらせたりすることもあります。そのため定期的な清掃が必要です。ただし、配管内部にたまったスケールを清掃によって取り除くことは容易ではありません。分解して除去するような作業をしていては非効率です。デスケーラーは循環している水に流すことでスケールを除去することができるものです。蓄積しているカルシウムやマグネシウムを溶解して取り除きます。装置を分解しないため短時間で行うことができるのがメリットです。

ただし。気になるのが環境への影響です。デスケーラーを使うことによって処分するために特殊な処理をしなければならないのでは意味がありません。デスケーラーを選ぶ基準としては人体や環境への影響に配慮されているかと言うことです。カルシウムやマグネシウムを溶解するために塩酸を使うことがありますが、人体に影響があるため使用に注意が必要です。

酸性の程度を示すph値が6のものを選べば素手で触れるほど安心です。塩酸のように肌を溶かすことはないので、万が一肌に触れても洗い流すだけで問題ありません。また、生分解可能なデスケーラーを選ぶことで環境への影響も低減することができます。処理するためには排水基準を満たすために中和する必要がありますが安心して使うことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *