Skip to content

デスケーラーでプラントの寿命を延ばそう

「デスケーラー」は配管や熱交換器などに付着したスケールを除去してくれる液体です。

「デスケーラー」を定期的に使用することによって、設備にダメージを与えずにスケールだけ除去できるので、伝熱の効率化を維持・向上させたり、エネルギーの消費量を削減することができます。従来の場合熱交換器は閉塞を防止するために、伝熱面を大きめにする必要がありました。初期コストが掛かってしまい、スケールが蓄積し出すと時間が経つごとに伝熱効率が悪くなり、電力消費を防ぐことが困難になります。

スケールを除去するためにかなりの費用と労力が必要だったので、プラントを休止した企業も少なくありません。「デスケーラー」を使用することによって、短時間でスケールだけを除去することができるようになり、現場の復旧も簡単で作業にかかるコストも大幅に削減することができます。ガスケットを張り替える回数が減ったり、定期的にメンテナンスがしやすくなり、プラント自体の寿命を改善することが可能です。

人体にもやさしい成分で作られており環境にも配慮されたもので、世界中で利用されていて輸送船や空母などにも使われています。クーリングタワー(冷却塔)は内部にスケールが付着しやすく、閉塞されてしまうと性能が落ちてしまうので、「デスケーラー」がよく利用されています。コンプレッサーやポンプなどにも利用することができ、微細な部分にも溶液が行き渡るので高い洗浄効果が期待できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *