Skip to content

オール電化に欠かせない熱交換器

太陽光発電は、地球の環境にやさしい太陽エネルギーを使用した発電システムの総称です。

太陽エネルギーは限りがないもの、再生可能エネルギーなどの位置づけを持ち、火を使わないので空気が汚れないことや重油などの地球上にある資源を使わないなど様々なメリットがあります。住居に太陽光発電システムを導入する、住居内のエネルギー源を電気だけにすることをオール電化と呼びますが、電気だけで生活を送る場合に欠かせないのが熱交換器です。

熱交換器、水もしくは周囲の空気などの流体を利用しているのが特徴で、温かい流体から冷たい流体に熱を移動させる仕組みを持ち、熱の移動のことを熱交換と呼びます。オール電化住宅にするとガスを使いませんので、お湯を沸かすためには電気を使う必要がありますが、ガス量と比較するとお湯を沸かすためには膨大な電気量が必要といいます。オール電化にする目的の中にはエネルギー費用の削減などもあるわけですが、お湯を沸かすために多くの電気代がかかってしまうのでは意味がありません。

熱交換器を使うことで電気代をそれほど多くかけることなくお湯を沸かすことができるメリットがありますが、お湯が沸くまでにはある程度の時間を要してしまう、熱交換器の性能により適温までの時間に差が生じます。なお、熱交換器には設置場所の制限が少ない点やランニングコストおよびメンテナンスコストが安いなどのメリットがありますし、環境性に優れているといったメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *