Skip to content

熱交換器で空気をきれいに

熱交換器を利用すると、外気が室温に近い温度になるので快適に過ごすことが可能です。

特に冬になると部屋を20度にしても給気口から冷たい空気が入ると、寒く感じるものです。このような不快感から開放されることになり、部屋に二酸化炭素や臭いがこもらないようにすることができます。寒い空気が部屋に入ると給気口を閉めたくなりますが、換気量が減るので空気が汚れていきます。数人の家族が寝ると部屋の二酸化炭素濃度は基準値を超えてしまい、空気が汚れた感じがするでしょう。

熱交換器を使って機械換気することによって、ストレスを感じないことができます。湿度を一定に維持することができ、全熱交換器を利用すると部屋の湿度を交換することが可能です。例えば水を含ませているスポンジを乾燥した部屋にある場合、1日で乾燥するでしょう。スポンジの水分は乾燥し空気中の水蒸気に変わるのですが、スポンジが乾くとこれ以上湿気を放出することができません。

乾燥した日が続いたり雨の日が続くと、部屋の珪藻土の調湿機能は機能しなくなり、珪藻土やエコカラットなどを採用しているところは多いですが、調湿を考えるなら熱交換器を導入するのが確実です。健康的な生活を過ごすことができ、全館空調を採用する場合も個別空調を採用する場合も、熱交換器にすることによって室内の室温や湿度を維持することができ、健康的な毎日を過ごすことができるでしょう。常に新鮮且つ清浄な空気環境に整えることができ、換気による熱損失を減少することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *