Skip to content

熱交換器のいろいろな用途

熱交換器は高い温度の液体や液体などの流体から、それよりも低い温度の流体に熱エネルギーを移動させる装置を言います。

単純に言ってしまうと、温かいお湯で冷たい水を温めることです。高温の液体も熱エネルギーを移動させた後は冷却されるので温度が下がります。お互いに温度が変化することになります。これによって加熱も冷却も可能になります。実際には流体自体の温度を変えることが目的ではなく、配管を使って、その周辺の物体の温度を調整するために使われます。あまり聴き馴染みのない熱交換器と言う言葉ですが、意外と身近なところで使われています。

古くから使われているのは車のラジエーターです。気体によって冷却された液体が高温のエンジンを冷やすために使われています。車の前面に付けられた金属のパネルは、交換効率を上げるためにひだのようになっています。室内で使われているものでは、エアコンがあります。室外機で使われるものですが、熱交換は室内機の方で行われます。

室外機で十分に冷却された冷却剤は配管を通り室内機に送られて、空気を冷やすために使われます。効率を良くするために配管にはフィンがついて、気体に触れる面積を大きくしています。ファンを使って冷えた空気を送り出すことで、室温を下げることができます。熱交換器はこのほかにもボイラーや産業用の装置などに使われています。効率よく温度を変えることができることと一定の温度で維持しやすい特徴があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *