Skip to content

アルカリ洗浄液を使う場面とは

洗浄を行う際に使用されるのが洗浄液と呼ばれるものですが、この洗浄液にはアルカリ性と酸性のものがあります。

これらは場面によって使い分けることが、効率的に汚れを落とすという点で重要となってくるものです。アルカリ洗浄液の場合には、油脂やタンパク質、炭水化物などの汚れに適しているものです。このような性質から、油脂を取り除く場合に利用されたり、またタンパク質や炭水化物を取り除く時に使えるため食器などの洗浄によく使われています。

一方で酸性の場合には水垢や尿石、さびと言った物を取り除くことができるものです。いずれにしても特性に合わせて汚れを落とすということが綺麗に洗浄する上では欠かせません。アルカリ洗浄液を利用する場面は多岐にわたり、酸性と異なり金属に対する腐食もそれほど大きくないため機械の洗浄にも用いられているものです。また、家庭用に発売されている頑固な汚れを取り除く洗剤にもアルカリ性のものがよく用いられるものです。

ただ家庭用に使われるものはそれほど強力なものではありませんから、皮膚に与える影響もそれほど強いものではありません。しかし業務用に使われるアルカリ洗浄液の場合には、特に原液の状態では皮膚に与える影響が大きく取り扱いに注意する必要があります。様々な場所に使われているアルカリ洗浄液ですが、その濃度によって取り扱いには注意する必要があるもので、うまく用いることで汚れを効果的に落とすことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *