Skip to content

身近に使用されている熱交換器の役割

熱というのは様々なところでエネルギーとしても利用されているものであり、これからも製造業や家庭などでも必要になるものです。

その利用方法として温度が高い流体から低い流体へエネルギーを移動させることを熱交換と言います。熱は高い方から低い方へ移動する性質を持っていて、実は日常でもよく起こっている事です。この原理を熱交換器として利用したものは業務用としてはボイラーがあり、家庭などで利用されているものは給湯器、エアコンの室外機や室内機、冷蔵庫、自動車のラジエターなどです。例えばエアコンで言えば室外機と室内機の間には流体が通っていてこの流体は温度が上がることによって気化するのです。

流体が液状のままでの状態で室内機の方へ入ってきて、室内の熱によって気体となりますが、この時に気化熱が発生、気化熱が室内の熱を奪い、冷やされた空気が冷風となって室内機から出てきて、部屋の中が冷やされて涼しくなるという仕組みです。室外機では帰化した流体が入って、室外に熱を放出して気体だったものが液体に戻って再度室内機に送られるという循環を繰り返しているのが熱交換器の働きです。熱交換器にもいくつか種類があって、材質も種類があります。工場などの業務で使用する場合はその効率や大きさ、費用はなどを考えておく必要があります。設備投資ということでも大がかりなもので品質や工程に与える影響はとても大きく、効率よく運用するために熱交換器の設計は重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *