Skip to content

熱交換器の役割と代表的な種類をチェック

省エネを実現する手法として、熱交換器を導入する店舗や企業が増えてきました。

これは文字どおり熱を交換するための機器であり、流体を利用して熱のエネルギーを効率的に移動させます。温度の高い流体から低い流体に移動させることが仕組みのベースです。ただし、一口に熱交換器といって複数の種類が存在するので、構造の違いなどを考慮して選ぶ必要があります。代表的なのは空冷式で、フィンやファンが搭載されていることが大きな特徴です。冷やす対象は液体ですが、ファンを使って風を作りだして温度差を生じるようにします。これにより、液体から空気に向けての効率的な放熱が可能です。

このタイプのメリットは、設置するスペースを決めるときに制約が少ないことです。運用に費用がかかりにくいですし、保守にかかるコストも大きくありません。そのため、できるだけ経費を抑えたいときにうってつけです。空気を使う構造なので地球に優しいことも特徴となっています。そのため、環境に対する意識が高い企業に選ばれることが多いです。一方、デメリットとしてはサイズが大きいことが挙げられます。

そのため、狭い部屋などには設置しにくいケースも少なくありません。また、液体と空気にあまり温度差がないと機能しにくいこともデメリットの一つです。このように、メリットとデメリットがあるので、両方を理解したうえで選択することが求められます。ニーズに適合しないのであれば、投げ込み式など他の熱交換器を検討しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *