Skip to content

熱交換器の役割と主な方式について

熱交換器とは、温度が高い物体から温度が低い物体へと熱を移動させる機器のことを指します。

固体・液体・気体を問わず、熱は高い方から低い方へと移動する性質があるのですが、この性質を利用して物体の加熱や冷却をするための機器が熱交換器です。熱交換器は、産業用のボイラーや蒸気発生器などに使用されるほか、エアコンや冷蔵庫、自動車のラジエーターなど身近な製品にも使用されるなど、その用途は多岐にわたります。

また、一口に熱交換器と言っても様々な方式がありますが、代表的な方式がシェル&チューブ式とプレート式です。シェル&チューブ式は、胴体となるシェル(筒)の中に細いチューブ(伝熱管)が複数本入った構造をしており、チューブの内側と外側に異なる温度の流体を流すことで熱交換を行う方式の熱交換器です。構造が単純なので、様々な流体に対応できるのが特徴で、他の方式よりも信頼性が高いとされています。一方、プレート式は、凹凸状にプレスされたプレートを何枚も重ね合わせた構造をしており、各プレートの間に高温の流体と低温の流体を交互に流すことで熱交換を行います。主に液体同士の熱交換に用いられる方式で、シェル&チューブ式よりも軽量でコンパクトなので設置場所に困らないのが特徴です。また、プレートの枚数を増減できるため、性能の調整ができるという特徴もあります。なお、シェル&チューブ式やプレート式の他にも、フィンチューブ式・スパイラル式・空冷式といった方式もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *