Skip to content

熱交換器とはどのようなものでしょう

熱交換器とは、温度差のある二つの流体(水や空気など)の間で、効率的に熱を移動させることを目的とした機器です。

熱には高温の流体から低温の流体へ移動する性質があるので、温度差のある二つの流体の間で熱の移動が起きるようにした構造体、つまり熱交換機を利用することで、高温の流体を冷却したり、低温の流体を加熱したりすることができます。熱交換器は、日常生活の中でも多くの場所で使われています。例えば、自動車のラジエターは、エンジンからの熱を受け取って高温になった冷却液を、周囲の空気に熱を移動させることで冷却することを目的とした機器です。また、家庭の中に目を向ければ、冷蔵庫やエアコンなどにも熱交換器が使われています。

熱交換器の構造としては、熱を移動させる方法により、伝熱部に薄い板状の部材を使用するプレート式、流体が二重管や渦巻き状に配置した二つの管を流れるようにした管式など様々な種類があり、効率性や安全性、耐久性、そして経済性など多くの観点から最適の方式が選ばれています。熱交換器に使用される流体にもさまざまな種類があります。液体であれば、普通の水のほか、高い沸点が求められ場合にはオイルが、低い融点が求められる場合には不凍液などを例として挙げることができます。気体であれば、普通の空気のほか、冷却用の機器に利用される流体として、かつてはフロン、近年では環境問題に対応するため代替フロンなどが話題に上ることが多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *