Skip to content

熱交換器の役割や種類は?

熱交換器とは、温度の高い流体から低い流体へと熱を移動させるための機器です。

効率的に熱エネルギーを交換させることで、加熱や冷却などに役立てることができます。熱交換器にはいくつかの種類があり、設置場所や用途などに応じて選ぶ必要があると考えられています。具体的に機器に採用されている方式が異なるのです。プレート式は、金属の板を重ね合わせて交互に温度差のある流体が流れるための回路を備えています。シェル&チューブ式は、筒の中に細い伝熱管が複数本入っており、伝熱管の内側と外側に異なる温度の流体を流すことで熱交換を行う仕組みです。フィンチューブ式は、伝熱管に伝熱版を取り付けることで、伝熱面積を増やしています。伝熱管の外側と放熱板にガス体を当てて熱交換を行うのです。

熱交換器は、一般的にエアコンの室内機や冷蔵庫、自動車のラジエーターなどに主に使用されています。また、産業用としての用途も多いです。産業用では、ボイラーや食品や化学薬品を製造する際の冷却工程、加熱工程などに使用されています。また自動車製造においても必要不可欠な機器であると言えるでしょう。日常生活においても大きな役割を果たしている熱交換器には、課題もあります。さらに効率的な仕組みや、小型化などを求めて新しい製品が日々開発されているのです。高効率、省スペース、高耐久性を兼ね備えた熱交換機は、さまざまな業界から注目されており需要が高まっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *