Skip to content

熱交換器で快適に過ごす

熱交換器は温度の高い物から低い物へ熱を移動する装置です。

快適に過ごすため利用している家庭は多く、換気設備としても利用されています。熱交換器を利用する仕組みについて、第一種換気を行う際に吸気側の空気が持っている熱と排気側の空気が持っている熱について、機械の中で中和し柔らかな空気を取り入れることが可能です。夏になると室内から排気する空気を利用し、入って来る外気を冷やすことができます。冬になると暖まった部屋からの排気を利用し、冷たい外気を暖めることが可能です。その効率は50~60%ぐらいで、外気温が36度で室温が20度だと熱交換器を通して入ってくる温度は29度になるでしょう。外気の温度は直接入ってくるような第三種換気より、冷暖房に対しても優しいので省エネルギーになります。

熱交換には全熱交換と顕熱交換という方法があり、全熱交換の場合は入ってくる外気の温度と湿度を交換することが可能です。外気の温度や湿度も中和することができ、高温多湿のエリアに向いています。顕熱交換の場合、入ってくる外気の温度を交換するタイプで、どちらも交換効率も50~60%程度です。顕熱交換の場合、厳しい冬のエリアに向いていて自分のライフスタイルに応じて選択すると便利です。定期的にメンテナンスすることによって長持ちすることができ、コストを削減することができ省エネ効果を実現することができます。工場や一般家庭など、幅広い分野において活用されている機械です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *