Skip to content

熱交換器の基本的な仕組みについて

機械とは基本的に作動していれば、熱を発する仕組みになっています。

機械の大きさや行っている動作によって発熱の温度は違ってくるのが特徴です。機械から発生される熱を放置した場合、機械に甚大な負荷をかけてしまいます。そうなってしまった場合最悪機械が壊れてしまう場合があります。それを防ぐためにも「熱交換器」を使用して、適正な温度を保つことが重要です。この設備自体は何か作業を行うわけではありませんが、作業のかなめとなる機械の負担をできるだけ下げるために用いられます。これがあれば機械が熱によって壊れる可能性を大幅に下げることに繋がります。導入するには一定のコストを必要としますが、長い目で見るのであれば導入するのをお勧めします。

熱交換器の仕組みはとても簡単で、温かくなった水を冷水に変換するというものです。この冷たくなった水を使い機械の熱を奪う仕組みになっており、再度熱くなった水を冷却するサイクルになっています。冷却にに使うのは基本的に水などの流動体がほとんどですが、モデルによっては空気などが用いられる場合があります。空気を使う場合も仕組みの基本は一緒で熱せられた空気を冷やし、その冷たい空気を使い機器の熱を取ります。熱交換器の設置費用はモデルによって違ってきます。大きさも多種多様で、設置する工場などの規模に合わせて選択することが重要です。また小型でも甚大な熱を発生させる機器を冷却する場合には、大型の熱交換器を使う必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *