Skip to content

熱交換器の種類や選び方について

周囲にある水や空気を利用して、暖かいものを冷たくしたり、反対に冷たいものを暖かくできるのが熱交換器です。

熱交換器はさまざま種類があるので、設置環境や大きさ、メンテナンス性などを考慮した上で選ぶことがポイントになります。熱交換器の種類は、空冷式やファンコイルユニットなどがあります。空冷式の構造は主に管束とファンで構成されており、冷却対象である液体を流すことによってファンの送風を活用し、液体と空気の温度差によって冷却していきます。電源と周囲に空気があれば利用できる装置なので、屋外装置として活用することもできます。他にもランニングコストやメンテナンスコストが低く、環境性に優れているというメリットがあります。

ただし、周辺空気と液体の温度差が小さいと、冷却効果が下がってしまうというデメリットを持っています。また周辺空気の温度以下に下げることはできません。機器自体のサイズも大きいので、場所を取るというデメリットもあります。ファンコイルユニットは、冷却水を循環させたコイルに向けて風を送ることによって冷風を作ります。循環水を温水にすれば温風を作ることもできます。ファンコイルユニットのメリットは、天吊り型や床置き型など設置場所が比較的自由な点です。デメリットは冷却水を送る設備が必要な点です。このようなメリットやデメリットをよく確認して、最適な熱交換器を選ぶようにしましょう。それによって快適に使用することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *