Skip to content

熱交換器の原理を応用した機器について

物が高いところから低いところへと移動するように、物体の熱も同様に温度が高いから、相対的に低い物体へと移動します。

これは物体が持っている熱エネルギーが、高いところから低いところへと移る性質があるからです。温水が流れている配管を水が流れている別の配管に接しさせておくと、温水と水とは互いに直接触れ合ってはいないのにも関わらず、水が温まります。これもまた、熱エネルギーの移動が起こった結果の現象であり、この原理を応用したものが熱交換器です。熱交換は、さまざまな製品化がなされていて、私たちの暮らしを支えています。お風呂や台所ではお湯を使いますが、このお湯を作っているのが給湯機です。ガスや電気で熱を作り、その熱が熱交換器を通して給湯管に流れるお湯となります。給湯機に入る液体は常温の水ですが、熱交換器を通ることでガスや電気で発生された熱が配管を通る水に移ってお湯ができるのです。

家庭のエアコンも応用例のひとつです。室内機と室外機にはそれぞれ熱交換器が組み込まれていて、室内の温かい空気と共に室内機に入るとここにある熱交換用の部品にて熱が奪われます。同様に室外機でも外部の空気へ熱が移動し、これらのプロセスで部屋の温度を変化させています。自動車やオートバイのうち、燃料にガソリンなどを用いている機種で水冷方式の車両はラジエーターという部品があります。ラジエーターも熱交換器を応用した部品であって、エンジンを冷やすために使われます。エンジンの周りには液体が流れる配管があってラジエーターにつながっています。エンジンの熱が配管の液体に移ってその分エンジンの温度が下がり、配管の液体の熱はラジエーター内で外気へ移ります。温度が下がった液体は再びエンジンへと向かい、冷却に寄与するのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *