Skip to content

熱交換器の仕組みについて

熱交換器とは、熱の移動を利用し、物体から出ている熱を放出または、熱を利用する仕組みの機器です。

仕組みについては、パイプの中を液体が流動し、冷たい液体が次第に暖まることでパイプのほうに熱を放出する仕組みが熱交換器の仕組みです。物体から発する温度を逃がすことや、冷やすことが出来るという仕組み上、多くの家電製品や自動車のラジエーターといったシステムに採用されており、交換機には、金属が使用され熱伝導率が良いものを使用することで効率よく熱を集めたり、冷却することが出来るシステムです。熱交換器として活躍している商品は、エアコンが代表的な交換システムを採用しており、暖まった温度を循環させ冷却することで冷房に使用し、冷却された冷気を暖めることで暖房に使用します。

暖気、冷気をぐるぐると循環させることが熱交換器の特性で、熱をエネルギーとして使用します。その為、車も同様に、エンジンから発生した熱を逃がすために熱交換機を設け、ラジエーターと言う製品名で使用しています。こちらも仕組みは同じでエンジンから暖まった温気を交換機であるラジエーターが吸収し、暖まった温気を送風ファンで逃がすことにより冷却をしますので、暖まってしまっても熱を逃がすことさえできればエンジンの熱は上昇し続けることが無いのです。このように熱交換器は日常において家電の他自動車といった産業に使用されており、機器のオーバーヒートを防ぐ仕組みとして使用されていたり、生活環境を変化させるべく室内の温度を上昇、下降させる道具として使用しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *